home > メディア > VR
¹«Á¦ ¹®¼­
 
乾鳳寺
 
 
金剛山の最も端に位置している乾鳳寺は、新羅の法興王(520年)に建てられた古い寺刹で雪嶽山、新興寺、百潭寺など9つの末寺を抱えた韓4大寺刹の中の一つである。壬辰倭の時、四溟大師による僧兵蜂起でもあった護史蹟地で、隆盛期には3,183間の大伽藍であったが6.25後にほとんど消失して最近、乾鳳寺敷地と寺刹の復元の最中である。新羅の慈藏律師が堂から持ってきたお迦さまの身牙舍利と金剛杵(邪なものを阻んでくれる武器の一種)が刻まれた不二門(江原道文化財資料 第35)を始めとして得な建築式の凌波橋、波羅蜜多模が刻まれた石柱が昔の乾鳳寺の場所(江原道記念物 第51)にっている。
 
花津浦湖
 
 
うっそうとした松林と白い砂原に取りまれた花津浦湖。まるで海のような景色で湖であると言う思いがしない。花津浦湖が湖のようでないのは理由がある。松池湖と同に花津浦湖は潟湖である。潟湖とは砂嘴砂洲三角州などによって海の外に生成された湖を言う。ち、川から流れてきた砂によって砂原が形成され海に達して作られた湖である。このにして生成された花津浦湖の白い砂原は一際きれいでっ白である。江原道の記念物10に指定されるくらい東海岸で最も大きい規模である花津浦湖は、周がおよそ16kmに及ぶ。湖の美しさくらい物凄い大きさである。花津浦の美しさに惚れんだ金日成と李承晩は 趣に別を建てた。
 
淸澗亭
 
 
土城面澗里81番地の東海岸の山麓に位置する澗亭は、雪嶽山の谷から流れ下る澗川と、果てしなくとした海原の波がうねる奇岩絶壁の上に八角屋根の中層亭が上品でこじんまりと建てられており、ここから眺める日出と月が出る時のさと押し寄せる波が、まるで綿雲のであったり、霧のに消える恍惚の境のようで、東八景の中の最も優れた境と言われる。 道有形文化財第32に指定された 淸澗亭の創建年代や創建者は未詳であるが朝鮮朝の中宗15年(1502年)に杆城郡守の崔が修造した記を見ると、亭子の建立はその前と推測される。1884年の甲申ので消失したが1928年、時土城面の長であった金容集の起で再建され、その後、1980年8月1日に前崔圭大統領が東海岸を巡視した時、補修と化の支援で1億3千万ウォンで亭子を完全に解復元して、名共に 火災から面目を一新した。 澗亭の扁額は朝鮮の顯宗の時に、尤庵の宋時烈が左相に在職時にここに入り親筆で書き、その後1953年に故李承晩大統領が親筆で書いた扁額が現在まで掛かっている。
 
統一展望台
 
 
果てしなくがる海に沿った幻想的なドライブコスが終わる地点。非武地と南方の限界線が出う標高700mの高地に統一展望台がある。足元の休線の柵を間に置いて南北が置している最前方哨所があるという事が緊張させる。年間150万名以上の光客が訪れる高城の代表的な光地であるここには、北側にしてきた傘下の人や家族をぶ故を失った人と、統一を念願する人のための聖母像や勒像、陣塔など宗的な付施設がある。また甲車、タンク、飛行機など童の安保育用の展示物もある。高城郡縣面明湖里、北緯38度35分。
 
溫泉場
 
 
高城郡竹旺面 五峰里と五峰山のに位置する松池湖は、周が4kmで約20万坪のさの大自然の湖で、周の松林がざっそうとしているので松池湖と言うそうである。五峰山の山脈が湖の中に伸びており、その姿が眼鏡のなので、一名眼鏡湖とも呼ぶ。松池湖はざっそうとした松林と共に水が澄み渡っており、水深が一定しているので多くの漁民たちが住むのに適した所で、冬の鳥である白鳥の渡地としても有名である。松池湖は潟湖で、昔は海であった。しかし河川から流入する砂の堆積によりその入口がふさがり海と分離されて湖が生じたのである。松池湖は水深が一定しており、波が高かったり津波や梅雨の時には松池橋を通して海に至り、(ぼら)、石斑魚(うぐい)、魚などの魚が入ってきて存の川魚である鯉(こい)、(ふな)などと交わり漁民たちは豊かである。周には松湖亭という亭子が1997年に上品でこじんまりと再建立された。 - 渡り鳥探照察台 : 高さ 5m - 周に休息空間として駐車場とベンチがある。 - 春には油菜の花、秋にはコスモスがきれる道は人の足を止める。