home > デミ紀行 > 伝統マウル紀行
¹«Á¦ ¹®¼­
100年的に建てられた家屋残っている伝統マウル(村)で, 昔の人たらの知恵深い建築様

旺谷村
竹旺面宋池湖の後方に位地すろ旺谷村は, 今の五峰1里の昔の名秧で, 14世記ころ江陵咸氏,江陵崔氏が章宮金氏と共に入ってきて集成村と形成し,隣接している九城里に瓦を????く場所があり瓦の家を建てて住んだと言う。
今もこの村には19世記を前後して建立された北方式の?統韓屋21棟が, 全国的に唯一密集して


構造の特徴
旺谷村の家屋構造は, ???の間と座敷, 縁側と台所を20~30坪の規模に—つの建物の中に収容して, 台所に馬屋をくっ付けて, 冬が長くて寒い地方で生活し易い様に建てた「ㄱ」字型で咸鏡道を始めとした関北地方でよく見られる家屋構造の特徴である重なった家が種類となっている。


魚命驥の家屋
竹旺面三浦里の集姓村に所在する魚命驥の家屋は,韓屋式伝統家屋で,37坪の規模の"口"
字複列形態で昔の上級層の家屋構造を原形の通りに保存してる。國家重要民族資科第131号。

李德均の家屋
建立年代は現所有者である李德均氏の4代先祖である李東彦氏が106年前の1879年に建立し, 7代子孫である李德均