home > お祭り> 守城文化際
¹«Á¦ ¹®¼­
文化財の概要
 
 
麗時代の高城杆城地域の名称が守城であったと言う事から名前を取った守城文化財は、1983年に開始されてから毎年9月22日と9月23日に郷土祭りである守城文化財が全国民が参加する中で公設運動場で開かれる。
文芸行事、民族行事、体育行事など多様なプログラムを準備して一致団結のお祭りとして広がり国民の和合と繁栄を誓う
 
祝祭の順序
天地山海の四神を守城神として仕える守城祭礼を始めとして前夜行事、文芸行事、式典行事、民族行事、 体育行事の順に進行される。この中で民族行事の時には4つの村の民族遊びも一緒に見せてくれる。
 
1. 天帝、地神、山神、龍神など天地山海の四神を守城神として仕える祭礼

2. 通りの提燈行列などの前夜行事

3. 詩画、書道、児童の絵のコンテストなどの文芸行事

4. 市街行進、吹奏隊などの式典行事、民族遊び、板跳びなどの民族行事

5. サッカー、バレーボールなどの体育行事
ギャラリー
 
 
 
 
明波の石橋掛け
パンパウの引き綱で魚をとる時の歌
   
三浦の杭打ち
蓴浦村の豊年俗謡遊び
   
巨津漁神祭