home > 観光 > 文化遺跡 > 咸丁均の家屋
¹«Á¦ ¹®¼­
魚命驥の家屋 | 旺谷村 | 清澗亭 | 乾鳳寺敷地 | 不二門 | 李德均の家屋 | 咸丁均の家屋 | 杆城郷校 | 凌坡橋
     

咸丁均の家屋

L位置 : 江原道 高城郡 竹旺面 五峰里375
指定資料 : 伝統家屋で道指定の地方文化財資料(78号)
指定年月日 : 1985年1月17日
所有者及び管理者 : 咸丁均
 
 

建築年代は、約150年前に建立されたものと推定され、高麗末に杜門洞72人の一人である咸富孫が
この部落にとても定着した事により、今ここに咸氏が多く住むようになり、管理人である咸丁均氏の5代先祖である咸熙錫氏は国から出た孝子碑を受賞して、この村に誘致管理して伝えられて来た。