home > 観光 > 観光名所 > 花津浦湖
¹«Á¦ ¹®¼­

統一展望台 | 乾鳳寺 | 禾岩寺 | 花津浦湖 | 松池湖 |海洋博物館 |巨津灯台体育公園 |陣富嶺美術館 | 金剛山自然史博物館ー
     
花津浦
松林とハマナスの花が美しい渡り鳥到来地、花津浦
 
 

うっそうとした松林と白い砂原に取り囲まれた花津浦湖。まるで海のような景色で湖であると言う思いがしない。花津浦湖が湖のようでないのは理由がある。松池湖と同様に花津浦湖は潟湖である。潟湖とは砂嘴・砂洲・三角州などによって海の外に生成された湖を言う。即ち、川から流れてきた砂によって砂原が形成され海に達して作られた湖である。この様にして生成された花津浦湖の白い砂原は一際きれいで真っ白である。江原道の記念物10号に指定されるくらい東海岸で最も大きい規模である花津浦湖は、周囲がおよそ16kmに及ぶ。湖の美しさくらい物凄い大きさである。花津浦の美しさに惚れ込んだ金日成と李承晩は 趣辺に別荘を建てた。
1970年頃から花津浦では韓国の天然記念物201号の白鳥や色々なカモ種の鳥など珍しい鳥と共に雄壮な景色を見ることができる。措道里(ジョド里)の沖には昔新羅(シンラ)時代海軍の基地に使われた金亀島(クンク島)がある。この島は竹に覆われていて、 1997年4月に島の中心部から昔の 遺跡が発見された。

 
 
 
 
  李承晩の別荘
李承晩初代大統領の別荘は、1954年に新築した後1961年に廃虚されて撤去されたが1999年7月に陸軍により本来の姿に新築復元され、李承晩初代大統領の遺家族から遺品53店を寄贈を受けて展示館として運営している。
  李起鵬の別荘
1920年代に外国人宣敎師たちにより建築され現在まで保存された建物で、解放以後、北朝鮮の共産党の幹部の休養所として作用されて来て、休戦後は副統領であった李起鵬の妻の朴マリアが個人の別荘として使用して、1999年7月に展示館として改修され運営されている。
 
 
all thriough the year Open hours : 09:00~17:30, 09:00~18:00(7.15~8.20)
09:00~17:00(11.1~2.28)
Adults W2,000
Students W1,000
Hwajinpo History security museum 82-33-680-3359
Hwajinpo Tourist Information center 82-33-680-3677
Take a local bus from Sokcho express terminal to Tongil-Jeonmangdae stop Hwajinpo(about 1hour)
 
 
花津浦海洋博物館

花津浦海洋博物館は東海でただ一つの最高の海洋博物館である。

 
  貝類の展示
世界的に珍しい大型の貝、甲殻類、珊瑚類、化石類、剥製動物など1500余種類、40000余点が展示されている。
珊瑚島と熱帯魚
海馬、熱帯魚、クラゲ、珊瑚、海の花みたいな精巧で美しい、そして小さい海洋生物が展示されている。
海底トンネル
海洋博物館の最高の自慢は海底トンネルの水槽である。長さ10メーターの短いトンネルであるが観光客はこの海底トンネルで不思議な海の中が経験できるし、多様な魚の活発な生活も観察できる。
東海の魚の展示
海洋博物館では高城の代表の魚スケトウダラだけではなくサケ、ミズタコなど多様な種類の魚が展示されている。映像室にはイルカの旅、港での漁、花津浦の形成などの映画が揃っていて、観光客が自由に利用できる。
 
all thriugh the year
Open hours : 9:00 ~ 18:00(Mar.~Sep.),9:00 ~ 17:00(winter)
Adults ₩5,000 Students \4,000 Hwajinpo Aquarium 82-33-682-7300, 681-8157
Hwahinpo Tourist Imformation Center 82-33-680-3677
Take a local bus from Sokcho express terminal to Tongil-Jeonmangdae stop Hwajinpo(about 1 hour)