home > 高城 紹介 > 郡の紹介
¹«Á¦ ¹®¼­
Period
History
1894

江原道 高城郡及び杆城郡であった

1895.05.26 勅令第98号(1985. 5. 26公布) 23部制の実施により江陵部に所属
 
1895.08.04 勅令第36号(1895. 8. 4公布) 13道制の実施により江原道高城郡と杆城郡に復帰
1896.03.01 部令第111号(1913. 12. 21公布)で郡面の廃合時に高城郡が杆城郡に併合(9面)  
1919.05.15 部令第88号(1919. 05.09) 杆城郡を廃止して高城郡に改称竹旺、土城が襄陽郡に編入された(7面) 
1945.08.15 解放と同時に全行政区域が共産治下に入る 
1954.10.21 法律 第350号(1954. 1. 21 公布) 収復地が区臨時行政措置法施行に より休戦線の以南4面(杆城、巨津、県内、水洞)を管轄する 
1963.01.01 法律 第1178号(1962. 11. 21公布)で襄陽郡竹旺面、土城面を高城郡に編入(6面)
 
1973.07.01 大統領令 第6542号(1973.3.12公布)で 土城面(沙津里、章川里)が束草市に編入大統領令 第6543号(1973.3.12公布)で巨津邑が邑に昇格 
1979.05.01 大統領令 第9409号(1979.4. 7公布)で杆城面がに昇格(2邑4面を管轄)

※休戦線 以北 : 高城邑、長箭邑、西面、外金剛面、水洞面